トップ / 賃貸物件でDIYを楽しむなら

賃貸物件でDIYを楽しむなら

賃貸物件でDIY

幼稚園

賃貸でDIYが許される場面とは

賃貸住宅では一般的に一戸建てと比較すると収納が少ないという問題点があります。これは、有効面積を稼ぐ盾と言われていますが、収納が少ないと本来クローゼットや押し入れにしまわなくてはいけないものがどうしても外に出さなければならなくなります。そこでDIYをして収納を増やすという方法があります。しかしながら、賃貸住宅を借りる時には原状回復義務というものがあるので、その建物を退去するときに元に戻せるようにしなければならないのです。そのため、取り外しが容易で、しかも建物の壁や柱に傷がつかないような方法でするべきなのです。

賃し物件でもDIYを楽しむ

賃貸住宅は自分の思い取りの場所に収納がなかったりするので、自分で棚を取り付けたくなります。1人なら物もすくないのですが、結婚したり子どもができると物がどんどん増えます。今では女の人でも工具があれば簡単にDIYでいろんな物が作れます。100円ショップの物を上手に利用して、安くて軽い棚もできます。しかし、賃貸住宅なので、釘を柱や壁に打ち付けると大家に嫌がられるし、退去時に多めに敷金から引かれてしまいます。でも地震の時、棚や物が落ちてきても危ないです。突っ張り棒を使ううとか、他の家具や木材で固定するとなどして、釘を打たない方法を考えてDIYを楽しみましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 賃貸暮らしを始める際には. All rights reserved.