町田の葬儀サービスのメリットデメリット

人生のなかでも一度きりという機会はいくつかありますが、葬儀というものもそのひとつにあたるもっとも重要なものといえます。そのため遺族としてはできるだけ亡くなった本人の意向踏まえたかたちで葬儀を執り行うことが求められますが、個人の努力ではできない部分を長年の経験や知識をもってサポートするのが葬儀社の役割といえます。町田市内にもこうした会社はいくつか存在しており、全国の他の地域と比較した場合の違いもありますが、サーヒスの内容にはメリットとともにデメリットもあるのが普通です。そこであらかじめこのようなメリットとデメリットを押さえた上で、実際に必要となった際にデメリットが少ないもの、またはメリットのほうが上回るものを選択できるようにすることが望まれます。

プランの豊富さは大きなメリット

町田市というのはもともと人口が多くさまざまな人々が集まっているという地域特性があるため、葬儀社が提供しているサービスについても、あらかじめいくつかのプランが用意され、内容や価格を踏まえて遺族の側で自由に選択ができるようになっているのが特徴です。もちろん価格とともに内容も充実するのが一般的で、たとえば祭壇の段数が増えたり、生花の本数が多くなるなど豪華さに違いが出たりします。また一般葬に加えて家族葬や直葬といった参列者数が少ないもの、内容が簡素なものもプランの選択肢に含まれていることが多く、経済的な余裕がない場合には、このようなプランを使って持ち出しの金額を少なくする工夫ができるところもメリットです。ほかにも一日葬のような簡素化のしかたもあります。

式場によるサービスの違いにも留意が必要

町田市内には通夜や告別式の会場となるべき民間のセレモニーホールや公設の斎場がありますが、どのような場所を選択するのかによって、サービスの水準や内容に違いが生じることがあり、これはデメリットにもなり得るものです。たとえば公設の斎場であれば費用が安価というメリットがあるいっぽうで、当日の司会進行・遺体の搬送・僧侶の手配・祭壇の飾り付けなどをはじめとするサービスはすべて遺族の側がしなければならず、斎場はもっぱら決められた時間帯に式場を貸すだけの役割となります。また民間のセレモニーホールであれば貸館業務だけにとどまらず、このような手間を一手に引き受けてもらえるので楽ですが、通常は自社の経営するセレモニーホールに式場が限定され、場所を自由に選べなかったりすることがあります。